2018.11.10
[Sat]
MURO
日本からキング・オブ・ディギンことMUROが出演。現地の出演者には、60年代から80年代初期の7インチとLPを収集し世界へ発信しているタイのキング・ オブ・ディギンことMAFT SAIが登場。日本とタイのディガー共演が実現する。そのほかにも、タイの伝統的な民族音楽ルクトゥンからタイ・ファンクなどを中心に揃えるレコードショップZudRangma RecordsのDJたちやタイの伝統音楽とレア・グルーヴやレゲエの感覚を融合したモダン・モーラム・ バンドThe Paradise Bangkok Molam International Bandが出演する。
TIME 20:00~2:00
ADDRESS 51 Sukhumvit Rd, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110 タイ

タイでの開催を発表したカルチャーパーティー「SETSUZOKU」の詳細が遂に明らかとなった。
開催日は11月10日。会場はバンコクにあるミュージック・バー「Studio LAM (スタジオ・ラム) 」。このStudio LAMは、タイ東北部イサーンの伝統音楽・モーラムや、ルーツ・ミュージック、ファンクといった音楽をベースとし、世界中からコアな音楽ファンが訪れるバンコク屈指のカルチャースポットだ。
日本からキング・オブ・ディギンことMUROが出演。現地の出演者には、60年代から80年代初期の7インチとLPを収集し世界へ発信しているタイのキング・ オブ・ディギンことMAFT SAIが登場。日本とタイのディガー共演が実現する。そのほかにも、タイの伝統的な民族音楽ルクトゥンからタイ・ファンクなどを中心に揃えるレコードショップZudRangma RecordsのDJたちやタイの伝統音楽とレア・グルーヴやレゲエの感覚を融合したモダン・モーラム・ バンドThe Paradise Bangkok Molam International Bandが出演する。
 
-Culture Party-
SETSUZOKU 2018 in Thailand
http://setsuzoku.info
Supported by Pioneer DJ
 
10th November 2018 (sat) @ Studio LAM
OPEN / END 21:00 ~ 02:00 / ENTRY:1000฿
 
PARTY LINEUP
MURO (King Of Diggin’) from Japan
MAFT SAI (King Of Diggin’) from Thailand
THE PARADISE BANGKOK INTERNATIONAL MOLAM BAND
KANEHBOS (ZUDRANGMA RECORDS)
 
information:Studio LAM
https://www.facebook.com/studiolambangkok/
BTS Thonglor Station 3/1 Sukhumvit 51, Klongton-Nua, Wattana
TEL:+66 2261 6661 / MAIL:studiolambangkok@gmail.com
 
“SETSUZOKU” is a popular party that has been evaluated as one of Tokyo’s foremost cultural parties, developing from music, art, video, fashion, food, etc., around various contents, from 2011 to 2016. It was decided to hold at Bangkok’s culture spot “Studio Lam” along with DJ “MAFT SAI” who is called the most important person in the Thai music scene and the underground scene.
From Japan, a DJ “MURO” called King of Diggin’ appeared, and a collaboration with DJ “MAFT SAI” called Thai King of Diggin’ will be realized. In addition, “The Paradise Bangkok Molam International Band” perform at the event. Let’s go to this special party where Thai culture and Japanese culture were mixed!

Share on facebook
SHARE
Share on twitter
TWEET